エルドアカジノで詐欺が存在するの?不正などの悪質なサイトなのか調査!

エルドアカジノで詐欺が存在するの? 不正などの悪質なサイトなのか調査!

今回はエルドアカジノで詐欺などが働いている所なのかどうか詳しく見ていこうと思います。

 不正などはライセンス発行機関が監視体制でいる

カジノライセンスを獲得しないと、オンラインカジノと言うものは運営することができないことになっています。
また、ソフトウェアなどの運営企業もゲーミングライセンスを入手せざるをえません。

ライセンスを取得にあたって厳しい審査を通り抜け、さらにライセンスを獲得した後も定期的な調査などもルールとして行っています。

なのでライセンスを獲得したら、基本不正を働くと言うこと自体難しいものだということを運営側は肝に銘じております。

カジノ運営がもしソフトウェア会社に不正なカジノゲームの設備をお願いしたらどんなことが起こるのでしょうか?

ソフトウェアはたくさんのカジノサイトにカジノゲームなどを提示しているので、1つのカジノ会社だけ便宜をはかるということはありません。

ライセンス発行元に報告して、不正を防がなければゲーミングライセンスを奪われてしまいます。

こんな重いリスクを背負ってまで、カジノサイト会社もソフトウェア会社も不正を働くメリットはむしろないという事は、のちの収益の確保から見て判断するでしょう。

もし不正が発覚すると保証金が出る

ライセンスを取得しているカジノサイトの場合は、もし、不正が発覚してユーザーに大きな負債が出てしまった場合はしっかりと保証されます。

ゲームの不正などであれば、全員のユーザーに対してではなく、そのカジノサイトの一部分のカジノゲームで発覚した不正なので、保証金で金額が一部返ってくるでしょう。

カジノサイトの閉鎖が確定するような事態になれば、保証金をユーザーがアカウントに残っている資産の割合を見て分配されます。

企業が倒産するとなると債権者となって、運営側の財産を皆に分配するように行います。

ライセンス側の調査はカジノサイトの不正防止にあるもの

ライセンス発行機関が定期的にカジノサイトの調査をしてるのは、カジノ会社の財産管理のチェック、カジノゲームの不正の発覚など運営している以上なにか問題が起こっていないかしっかりと調査をするためです。

これはユーザーに安全性を考慮してカジノサイトでゲームを楽しんでもらうために、ライセンス発行機関も信頼性を確実性にするために調査されています。

「ライセンス発行機関」「カジノサイトの運営」「ソフトウェア」の3つの場所からイカサマがでないように監視しているという事をしっかりと念頭に入れてください。

さらに詳しく知りたい方はこちらのサイトもおすすめです

カジノギルド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です